最新のお知らせ?イベント_大赢家比分即时比 /rss daily 1 大赢家比分即时比感染者の発生について_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2021/20220125 <![CDATA[<p> 1月18日(火)から1月24日(月)の間に、新たに本学の学生52名、教職員7名が大赢家比分即时比感染症に感染していることが確認されました。</p>&#13; <p> ご本人の早期の回復をお祈りするとともに、熊本市保健所等の関係機関と協力しながら、地域社会及び大学において安心した日常を過ごせるよう、感染の拡大防止に取り組んでまいります。<br/><br/> ※感染者やご家族の人権尊重?個人情報保護にご理解とご配慮をお願いいたします。<span/></p>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p>                                                 令和4<span/>年1<span>月25日</span><span/></p>]]> No publisher その他 ページ 熊本大学熊本創生推進機構「地域づくり交流会」を実施します_大赢家比分即时比 /kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/kico/news_event/event/mgm7oi <![CDATA[<figure class="e-img-box is-right is-one-fourth"><a href="#"> <img src="/kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/kico/news_event/event/event-file/q36oo3/@@images/b2280167-e527-43ae-bfc3-d674e50e4a56.jpeg" title="R3&#x5E74;&#x5EA6;&#x5730;&#x57DF;&#x3064;&#x3099;&#x304F;&#x308A;&#x4EA4;&#x6D41;&#x4F1A;A4&#x30C1;&#x30E9;&#x30B7;.jpg" alt="&#x672C;&#x30A4;&#x30D9;&#x30F3;&#x30C8;&#x306E;&#x30B5;&#x30E0;&#x30CD;&#x30A4;&#x30EB;" class="image-inline"/> </a>&#13; <p><a href="/kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/kico/news_event/event/event-file/t6hh1f" target="_blank" rel="noopener noreferrer">ポスター</a><br/> <span class="is-text-week">(PDF 1.2MB)</span></p>&#13; </figure>&#13; <p> 熊本大学熊本創生推進機構では、来る2月11日(金曜?祝日)、「令和3年度熊本大学熊本創生推進機構 地域づくり交流会『持続可能な地方創生を考える』」をオンライン配信形式で開催いたします。</p>&#13; <p> この地域づくり交流会では、地域が受け継いできた豊かな地域資源や地域文化を、次世代にSDGs的なアプローチで継承するための方策を考え、地方創生に資する人材育成、政策立案、ソーシャルイノベーションについて、学外の講師をお招きし、広く議論します。<br/> 興味があるかたはどなたでもご参加いただけます。事前申込が必要ですので、参加(視聴)ご希望の方は2月9日(木)18時までお申し込みをお願いいたします。(申し込み先は下記をご確認ください。)</p>&#13; <table>&#13; <tbody>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th class="e-th-w--20p" style="height: 45px;">日時</th>&#13; <td style="height: 45px;">令和4年2月11日(金?祝) 15:00~17:00</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px;">実施形式</th>&#13; <td style="height: 45px;">完全オンライン配信形式(Zoom利用)</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px;">対象</th>&#13; <td style="height: 45px;">学生、一般の方</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px;">参加費</th>&#13; <td style="height: 45px;">無料</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 182px;">&#13; <th style="height: 182px;">申込方法</th>&#13; <td style="height: 182px;">&#13; <p><span>事前申込制とさせていただきます。<br/>下記のメールアドレスに氏名?連絡先(お電話番号)を添えてお申し込みください。</span><br/><br/> Mail: coc-plus[At]jimu.kumamoto-u.ac.jp ※[At]は@に変換ください</p>&#13; <p><strong>【申込締切日】2月9日(水)18:00</strong></p>&#13; <p>※Zoom URLはお申込みいただいた後にお伝えいたします。</p>&#13; </td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 201.8px;">&#13; <th style="height: 201.8px;">プログラム</th>&#13; <td style="height: 201.8px;">&#13; <p><span>挨 拶:甲斐広文(熊本創生推進機構 副機構長) <br/>第一部:基調講演「地方創生を育む公民連携とソーシャル?イノベーション人材」<br/>    講師:山本英治氏(株式会社 福山コンサルタント)<br/>第二部:鼎談「人が主役の地方創生を共創する」<br/>    登壇者:山本英治氏(前掲)<br/>        渋谷勝也氏(株式会社地方創生Coデザイン研究所(NTT西日本グループ))<br/>        田中尚人(熊本創生推進機構 准教授)</span></p>&#13; </td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px;">主催</th>&#13; <td style="height: 45px;">熊本大学熊本創生推進機構</td>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; <p>&#13; &#13; </p>]]> No publisher 在学生 企業?研究 一般 その他 イベント 令和4年度大学入学共通テスト 熊本大学黒髪地区内の配置図等について_大赢家比分即时比 /nyuushi/whatnew/oshirase/r4kyotsutestkaijo <![CDATA[<h2>黒髪地区試験会場内の配置図、控室について</h2>&#13; <p>熊本大学黒髪地区試験会場内の配置図、控室について、以下のとおりとなります。</p>&#13; <ul>&#13; <li>令和4年1月29日、30日実施:<a href="/nyuushi/whatnew/oshirase/r4_haichizu.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">黒髪地区試験会場内の配置図?控室</a></li>&#13; </ul>&#13; <p>【注意事項】<br/>?大赢家比分即时比感染症拡大防止のため、保護者?同伴者の控室はありません。<br/>?受験者の昼食場所は各試験室の自席となるため、学内の食堂の営業はありません。<br/>?受験者以外の試験場(黒髪北地区)への立ち入りを原則禁止いたします。※事前の配慮申請により許可された者を除く<br/>?大赢家比分即时比感染症予防対策について、受験上の注意や<a href="https://www.dnc.ac.jp/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">大学入試センターのホームページ</a>をご確認ください。</p>&#13; <h2>試験場の下見について</h2>&#13; <p>試験場の下見は、<span class="fontL"><strong>令和4年1月28日(金)13:00~15:00 </strong> </span> です。</p>&#13; <p> 下見の際に令和4年度大学入学共通テストの「受験票」及び「追試験受験許可書」が必要になりますので、ご持参ください。下見では試験場及び試験室の位置等を確認できますが、試験室内への入室はできません。?<br/>  また、大学構内への一般車輌の入構はできませんので、公共の交通機関をご利用ください。</p>&#13; <p><span style="text-decoration: underline;"><strong>※送迎の車による、交通渋滞の発生や違法駐車が、近隣の迷惑となっています。</strong></span><br/><span style="text-decoration: underline;"><strong>くれぐれも路上、コンビニの駐車場等での待機はなさいませんようお願いします。</strong></span></p>&#13; <address><strong> お問い合わせ </strong> <br/> 学生支援部 入試課 <br/> 096-342-2146</address>&#13; <p/>]]> No publisher 入試 ページ JSPS Core-to-Core Program Symposium on Hematopoiesis and Leukemiaを開催しました_大赢家比分即时比 /whatsnew/seimei-sentankenkyu/C2C_symposium_2022011314 <![CDATA[<p>令和4年1月13日、14日(日本時間)の2日間に渡って、熊本大学国際先端医学研究拠点施設(IRCMS)では日本学術振興会 研究拠点形成事業令和2(2020)年度採択課題「ストレス造血と白血病病態解析のための基礎?臨床研究共同体の構築」における研究活動の一環として、ハイブリッド形式(オンサイト+オンライン)でシンポジウム(IRCMS指田特別招聘教授主催)を開催しました。</p>&#13; <p>「造血と白血病」というテーマのもと、17名の発表者(国内機関研究者14名、海外機関研究者3名(シンガポール?スウェーデン?英国))による発表が行われ、国内外から約70名の参加者がオンサイト?オンライン形式で参加し、発表者と活発に議論を深めました。今後のさらなる研究の推進と新たな共同研究の立ち上げが期待されます。</p>&#13; <p><br/><br/></p>&#13; <p>【Speakers】</p>&#13; <p>&lt; Day 1 &gt;<br/> <strong>Dr. Ayako Ishizu</strong><br/>???? Professor, Tokyo Women's Medical University (Japan)<br/> <strong>Dr. Fumio Arai</strong><br/>???? Professor, Kyushu University (Japan)<br/> <strong>Dr. Hitoshi Takizawa</strong><br/>???? Professor, IRCMS, Kumamoto University (Japan)<br/> <strong>Dr. Atsushi Hirao<br/> </strong>???? Professor, Kanazawa University (Japan)<strong><br/> Dr. Kenichi Miharada<br/> </strong>???? Professor, IRCMS, Kumamoto University (Japan)<strong><br/> Dr. Takaomi Sanda(Online)<br/> </strong>???? PI, CSI, National University of Singapore (Singapore)<strong><br/> Dr. Tomohiko Tamura<br/> </strong>???? Professor, Yokohama City University (Japan)<strong><br/> Dr. Toshio Suda<br/> </strong>???? Director/Distinguished Professor, IRCMS, Kumamoto University (Japan)<strong><br/> Dr. Jonas Larsson(Online)<br/> </strong>???? Professor, Lund University (Sweden)<strong><br/> Dr. Elisa Laurenti(Online)<br/> </strong>???? Assistant Professor, Cambridge Stem Cell Institute, University of Cambridge (UK)</p>&#13; <p>&lt;Day 2&gt;<strong><br/> Dr. Mamiko Sakata<br/></strong>???? Professor, University of Tsukuba (Japan)<strong><br/> Dr. Goro Sashida<br/> </strong>???? Professor, IRCMS, Kumamoto University (Japan)<strong><br/> Dr. Akihiko Yokoyama(Online)<br/> </strong>???? PI, National Cancer Center (Japan)<strong><br/> Dr. Atsushi Iwama<br/> </strong>???? Professor, University of Tokyo (Japan)<strong><br/> Dr. Issay Kitabayashi<br/> </strong>???? Chief, National Cancer Center (Japan)<strong><br/> Dr. Takuro Nakamura<br/> </strong>???? Vice Director, The Cancer Institute of JFCR (Japan)<strong><br/> Dr. Toshio Kitamura<br/> </strong>???? Professor, University of Tokyo (Japan)</p>&#13; <p><br/><br/></p>&#13; <p><span style="font-size: 11pt;">【Flyer】</span></p>&#13; <p style="text-align: left;"><span style="font-size: 11pt;"><a href="/whatsnew/seimei-sentankenkyu/seimei-sentankenkyu_file/C2C_Symposium_Flyer-3.jpg" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img src="/whatsnew/seimei-sentankenkyu/seimei-sentankenkyu_file/C2C_Symposium_Flyer-2.jpg/@@images/5d872f7c-b8cc-4b9d-b6fb-35d8ea813aa3.jpeg" title="C2C_Symposium_Flyer.jpg" alt="C2C_Symposium_Flyer.jpg" class="image-inline"/></a></span></p>&#13; <p><br/><br/></p>&#13; <p><span style="font-size: 11pt;">【Speakers and Chairs】</span></p>&#13; <p><span style="font-size: 11pt;"><img src="/whatsnew/seimei-sentankenkyu/seimei-sentankenkyu_file/C2C_group.jpg/@@images/4176c06d-ce23-4426-ae63-50ea03c57071.jpeg" title="C2C_group.jpg" alt="C2C_group.jpg" class="image-inline"/></span></p>&#13; <p><br/><br/></p>&#13; <p><span style="font-size: 11pt;">【Opening Remarks by Dr. Sashida】</span></p>&#13; <p><img src="/whatsnew/seimei-sentankenkyu/seimei-sentankenkyu_file/C2C_Dr-Sashida.jpg/@@images/555c0e1a-f7eb-4212-b033-5b23dd20d1bf.jpeg" title="C2C_Dr.Sashida.jpg" alt="C2C_Dr.Sashida.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p><br/><br/></p>&#13; <p><span style="font-size: 11pt;">【Closing Remarks by Dr. Suda】</span></p>&#13; <p><span style="font-size: 11pt;"><img src="/whatsnew/seimei-sentankenkyu/seimei-sentankenkyu_file/C2C_Dr-Suda.jpg/@@images/2a1c355e-aae8-498a-937c-e5b87d18096d.jpeg" title="C2C_Dr.Suda.jpg" alt="C2C_Dr.Suda.jpg" class="image-inline"/></span></p>&#13; <p><br/><br/></p>&#13; <p><span style="font-size: 11pt;">IRCMS及びCore to Core事業の詳細については以下のウェブページをご覧ください。<br/></span></p>&#13; <p><span style="font-size: 11pt;"><a href="https://ircms.kumamoto-u.ac.jp/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">国際先端医学研究機構(IRCMS)ウェブページ</a>(英語)</span></p>&#13; <p><span style="font-size: 11pt;">JSPS Core to Coreプログラム<br/><a href="https://ircms.kumamoto-u.ac.jp/leukemic/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">「ストレス造血と白血病病態解析のための基礎?臨床研究共同体の構築」ウェブページ</a>(日本語)</span></p>]]> No publisher 研究 ページ 経済産業省主催のヘルスケアビジネスコンテストで本学教員が優秀賞を受賞しました_大赢家比分即时比 /whatsnew/seimei/20220120 <![CDATA[<p> 熊本大学大学院生命科学研究部附属グローバル天然物科学研究センターの首藤剛准教授は、令和<span>4</span>年<span>1</span>月<span>14</span>日に経済産業省が主催した「ジャパン?ヘルスケアビジネスコンテスト(<span>JHeC</span>)<span>2022</span>」の最終審査において、アイデアコンテスト部門 優秀賞を受賞しました。<br/> JHeCは、ヘルスケア分野における課題解決に挑戦している優れた個人?団体?企業等の表彰を通して社会の認知度を上げ、大企業?ベンチャーキャピタル等とのビジネスマッチングを促進し、成長を促すことを目的として<span>2015</span>年度から開催されています。</p>&#13; <p>? 首藤准教授は、令和<span>2</span>年に実験動物「<span>C</span>エレガンス(線虫)」の健康寿命を画像解析により自動で測定するシステム「<span>C-HAS</span>」を開発しました。<br/>(詳細:<span><a href="/whatsnew/seimei/20210104">/whatsnew/seimei/20210104</a></span> )<br/> 令和<span>3</span>年から、<span>C-HAS</span>を使って創薬研究や健康食品等の評価等を行うビジネスプランの構築に取り組み、以下のベンチャービジネスコンテストでの発表?受賞を重ねてきました。<br/> ?「第<span>6</span>回熊本テックプラングランプリ」最優秀賞および企業賞<br/>(令和<span>3</span>年<span>7</span>月<span>17</span>日、熊本県次世代ベンチャー創出支援コンソーシアム主催)<br/>?「バイオテックグランプリ<span>2021</span>」企業賞<br/>(令和<span>3</span>年<span>9</span>月<span>25</span>日、株式会社リバネス主催)<br/>?「第<span>3</span>回へルスケアベンチャー大賞」最優秀アイデア賞<br/>(令和<span>3</span>年<span>10</span>月<span>29</span>日、日本抗加齢医学会主催)</p>&#13; <p> C-HASの開発後、製薬会社、健康食品関連企業、技術系?素材系開発ベンチャー企業など、複数社との共同研究やコンサルティング契約が進行中です。現在、<span>C-HAS</span>技術を基盤にしたビジネス化に向け、検討が進んでいます。<br/> 首藤准教授は、「現在、世の中は空前の健康志向ブームであり、健康をテーマにした食品?化粧品?製薬会社は増加の一途をたどります。従来、このような健康関連企業の製品開発では、ヒト試験の前に、実験動物(マウス、サルなど)を用いた実験が必須とされてきましたが、現在、動物愛護や<span>SDGs</span>の観点から、その代替技術が求められています。また、そもそも、健康社会の一助となる健康製品は、その機能性がわかっていても、当該素材が持つ健康寿命の延伸能力を評価することはできませんでした。私たちは、実験動物、<span>C</span>エレガンス(線虫)を活用した健康寿命の見える化の新技術<span>C-HAS</span>を開発し、今後、脱動物実験や健康付加価値の向上を期待する健康関連企業のニーズに応え、健康寿命の延伸社会の構築に貢献していきたいと思います。」と語りました。</p>&#13; <p>(参考)ジャパン?ヘルスケアビジネスコンテスト(<span>JHeC</span>)<span>2022</span><br/> <a href="https://healthcare-innohub.go.jp/jhec2022">https://healthcare-innohub.go.jp/jhec2022</a></p>&#13; <p style="text-align: center;"><img src="/whatsnew/seimei/seimei_file/20220120-1.jpg/@@images/a639ac3a-7ee4-46cd-b518-74515dcf5a41.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="20220120-1.jpg" alt="20220120-1.jpg" class="image-inline"/>JHeC2022アイデアコンテスト部門 優秀賞を受賞する首藤准教授(右)</p>&#13; <p>?</p>&#13; <p>?</p>&#13; <p style="text-align: center;"><img src="/whatsnew/seimei/seimei_file/20220120-2.jpg/@@images/a063c051-80b5-49c0-bf20-ddf2ca1e3831.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="20220120-2.jpg" alt="20220120-2.jpg" class="image-inline"/>プレゼン発表時の首藤准教授</p>&#13; <address><strong> お問い合わせ?</strong>?<br/>&#13; <p>熊本大学大学院生命科学研究部附属<br/>グローバル天然物科学研究センター<br/>大学院薬学教育部 遺伝子機能応用学研究室<br/>担当:首藤剛 (准教授)<br/>電話: 096-371-4407?<br/> e-mail: tshuto※gpo.kumamoto-u.ac.jp <br/> (※を@に置き換えてください)</p>&#13; </address>&#13; <p/>]]> No publisher 研究 ページ 東海大学と包括連携協定を締結しました_大赢家比分即时比 /kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/kico/news_event/news/q9rlcc <![CDATA[<p> 熊本大学は、令和4年1月11日に東海大学と包括的連携協定を締結しました。<br/> 本協定は、両大学が、相互の教育研究活動全般における交流及び連携を推進することで、教育?研究の一層の充実並びに国際?地域社会の発展及び人材の育成に寄与することを目的としており、私立大学とは初の取組となります。<br/> 令和3年7月12日に東海大学総合農学研究所と熊本大学大学院先端科学研究部附属生物環境農学国際研究センター及び大学院生命科学研究部附属グローバル天然物科学研究センターとの間で、部局間連携協定を締結していますが、今回、全学的な連携に発展しました。<br/> 今後は、国立と私立の垣根を越えて協力し、相互の教育研究資源を補完的に活用することで、両大学並びに地域社会の発展に寄与していきます。</p>&#13; <p><img src="/kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/kico/news_event/news/news_file/tokai.jpg/@@images/53c52f37-0c2e-4e4c-bff2-e4e05937baa3.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="tokai.jpg" alt="tokai.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p style="text-align: center;">熊本大学で行われた調印式にて<br/>(右が東海大学 山田清志学長、左が熊本大学 小川久雄学長)</p>]]> No publisher その他 ページ 令和3年度イノベーションリーダー育成プログラム成果発表会のお知らせ_大赢家比分即时比 /event/sizen/20220119 <![CDATA[<div class="eventdata">&#13; <div class="eventimg"><a target="_blank" href="/event/sizen/sizen_file/udvww1" rel="noopener noreferrer" class="noicon"> </a>&#13; <p/>&#13; </div>&#13; <div class="e-responsive-table"/>&#13; <figure class="e-img-box is-right is-one-fourth">&#13; <p><img src="/event/sizen/sizen_file/bg7as4/@@images/c481a8c2-214d-4d5a-b593-650b896f972a.jpeg" title="&#x718A;&#x672C;&#x5927;&#x5B66;_&#x6210;&#x679C;&#x767A;&#x8868;&#x4F1A;&#x30C1;&#x30E9;&#x30B7;_220114.jpg" alt="&#x718A;&#x672C;&#x5927;&#x5B66;_&#x6210;&#x679C;&#x767A;&#x8868;&#x4F1A;&#x30C1;&#x30E9;&#x30B7;_220114.jpg" class="image-inline"/><a href="/event/sizen/sizen_file/w06ys6">イノベーションリーダー育成プログラム成果発表会</a>(PDF)</p>&#13; </figure>&#13; <h3><strong>イノベーションリーダー育成プログラム成果発表会</strong></h3>&#13; <strong><strong/></strong>&#13; <p> ?イノベーションリーダー育成プログラム?では、大学院自然科学教育部において、<span>1</span>年間の集中講義形式かつノンディグリープログラムによる技術経営能力を持つ研究開発リーダーの育成教育を行っております。</p>&#13; <p>? この度、令和<span>3</span>年度の集大成として成果発表会をオンライン開催致します。</p>&#13; <p> 受講生の<span>1</span>年間の成果を是非ご覧ください。</p>&#13; <p> 皆様のご参加をお待ちしております。</p>&#13; <p> </p>&#13; <table>&#13; <tbody>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th class="e-th-w--20p" style="height: 45px;">日時</th>&#13; <td style="height: 45px;">2022年1月26日(水)17:00~19:00</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px;">場所</th>&#13; <td style="height: 45px;">オンライン開催</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px;">対象(定員数)</th>&#13; <td style="height: 45px;">大学院生、ポストドクター、学部生、教員等</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px;">参加費</th>&#13; <td style="height: 45px;">無料</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 180px;">&#13; <th style="height: 180px;">申込方法</th>&#13; <td style="height: 180px;">&#13; <p>参加を希望される方はお名前?ご所属を下記までご連絡下さい。</p>&#13; <p>お申し込み後、当日の参加<span>URL</span>をメールにてご案内いたします。</p>&#13; <p>(申込先)熊本大学自然科学系事務課大学院教務?国際担当</p>&#13; <p><span>szk-projectapply@</span>※</p>&#13; <p>(メール送信の際は、※をjimu.kumamoto-u.ac.jpに置き換えてください。)<br/> <span class="fontcolor1"/></p>&#13; </td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px;">主催</th>&#13; <td style="height: 45px;">熊本大学大学院自然科学教育部?イノベーションリーダー育成プログラム?</td>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; &#13; <br/><br/><br/><address><strong style="background-color: #eeeeee;"> お問い合わせ </strong> <br/> 自然科学系事務課大学院教務?国際担当 <br/> E-mail:szk-projectapply@※ <br/>(メール送信の際は、※をjimu.kumamoto-u.ac.jpに置き換えてください。)</address></div>&#13; <p/>]]> No publisher 在学生 イベント 数理モデルを用いてゼブラフィッシュ縞模様形成の分子レベルのしくみを部分的に説明_大赢家比分即时比 /whatsnew/sizen/20220118 <![CDATA[<p>【ポイント】</p>&#13; <ul>&#13; <li>以前作った模様形成の数理モデルを再解釈して、その後の10年間で明らかになった分子レベルの機構を説明。</li>&#13; <li>数理モデルを用いてシミュレーションすることで、コネキシン分子が模様づくりへどのように影響しているのかを予測した。</li>&#13; <li>理論的な予測と実際に遺伝子組み換え実験で得られた魚の模様を比較したところ完全には一致しなかったが、この模様形成に関する理解が深まった。</li>&#13; </ul>&#13; <p>【概要説明】</p>&#13; <p style="text-align: justify;"> コネキシンと呼ばれる分子に変異が起こると魚の皮膚の縞模様が斑点になることから、コネキシンは模様をつくる際に重要な働きをしているだろうと指摘されていました。しかし、模様づくりにどのように影響するのかはよくわかっていませんでした。そこで、熊本大学国際先端科学技術研究機構の中益朗子特任助教は、数理モデルを用いて、コネキシンがゼブラフィッシュの皮膚の模様形成にどのように影響するのかを予測しました。その結果、コネキシンの遺伝子組み換え実験で得られた実際の魚の模様は、予測との完全な一致は見られませんでしたが、予測された特徴が含まれていることがわかりました。本研究成果は、令和4年1月18日にオンライン科学雑誌「Frontiers in Physics」に掲載されました。</p>&#13; <p>【展開】</p>&#13; <p> 新しい数理モデルは新しい顕微鏡のように、それまで見えなかったものを明らかにする力があると考えています。「それまでに積み重ねられてきた実験データ」と「現象に見られる共通性を説明する理論的な枠組み」に基づいて、よりもっともらしい可能性を提案することができます。それによって、直接的には理解しにくい物事の関連性を指摘できることがあります。</p>&#13; <p> 今回、理論的な提唱に端を発し実験による検証が続けられてきた「魚の模様」というひとつのパターン形成現象への理解が深まりました。この結果は、さらにこの模様形成の予測や操作へとつながる可能性があります。また、モデルによって指摘されたデータの不一致が何に起因するのか、今後明らかになっていくものと思われます。</p>&#13; <p/>&#13; <p>【論文情報】</p>&#13; <p>論文名:<span>Correspondences between parameters in a reaction-diffusion model and connexin functions during zebrafish stripe formation.</span><br/>著者:<span>Akiko M. Nakamasu</span><br/>掲載誌:<span>Frontiers in Physics</span><br/>doi:10.3389/fphy.2021.805659<br/>URL:<a href="https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fphy.2021.805659/abstract">https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fphy.2021.805659/abstract</a></p>&#13; <p>【詳細】</p>&#13; <p>?<a href="/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2021-file/release220118.pdf">プレスリリース本文</a>(310KB)</p>&#13; <address><strong> お問い合わせ</strong><br/>熊本大学国際先端科学技術研究機構(IROAST)<br/>担当:特任助教 中益朗子<br/> 電話:096-342-3405<br/> e-mail: nakamasu※kumamoto-u.ac.jp<br/>(迷惑メール対策のため@を※に置き換えております)</address>]]> No publisher 研究 ページ 大赢家比分即时比感染者の発生について_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2021/20220117 <![CDATA[<p> 1月12日(水)から1月17日(月)の間に、新たに本学の学生37名、職員1名が大赢家比分即时比感染症に感染していることが確認されました。</p>&#13; <p> ご本人の早期の回復をお祈りするとともに、熊本市保健所等の関係機関と協力しながら、地域社会及び大学において安心した日常を過ごせるよう、感染の拡大防止に取り組んでまいります。<br/><br/> ※感染者やご家族の人権尊重?個人情報保護にご理解とご配慮をお願いいたします。<span/></p>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p>                                                 令和4<span/>年1<span>月17日</span><span/></p>]]> No publisher その他 ページ Carrier Design Seminar 自然科学教育部の学生のためのキャリアデザインセミナー_大赢家比分即时比 /event/sizen/20220114 <![CDATA[<div class="eventdata">&#13; <div class="eventimg"><a target="_blank" href="/event/sizen/sizen_file/udvww1" rel="noopener noreferrer" class="noicon"> </a>&#13; <p/>&#13; </div>&#13; <div class="e-responsive-table"/>&#13; <figure class="e-img-box is-right is-one-fourth">&#13; <p><img src="/event/sizen/sizen_file/5kg8lc/@@images/1010e8d9-549b-4936-95b6-0ae1f8e04243.png" title="&#x30AD;&#x30E3;&#x30EA;&#x30A2;&#x30C7;&#x30B6;&#x30A4;&#x30F3;&#x30BB;&#x30DF;&#x30CA;&#x30FC;.PNG" alt="&#x30AD;&#x30E3;&#x30EA;&#x30A2;&#x30C7;&#x30B6;&#x30A4;&#x30F3;&#x30BB;&#x30DF;&#x30CA;&#x30FC;.PNG" class="image-inline"/><a href="/event/sizen/sizen_file/21vf12">キャリアデザインセミナー</a>(PDF)</p>&#13; </figure>&#13; <h3><strong>自然科学教育部の学生のためのキャリアデザインセミナー</strong></h3>&#13; <strong><strong/></strong>&#13; <p> </p>&#13; <p> ?自然科学教育部の学生のためのキャリアデザインセミナー?では、博士前期課程、及び学部4年の学生を対象として、熊大独自の支援プログラムについて詳しく説明します。</p>&#13; <p> 皆様奮ってご参加ください。多くの皆様のご参加をお待ちしております。</p>&#13; <table>&#13; <tbody>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th class="e-th-w--20p" style="height: 45px;">時</th>&#13; <td style="height: 45px;">2022年1月19日(水)15:00~16:00</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 2px;">&#13; <th style="height: 2px;">場所</th>&#13; <td style="height: 2px;">&#13; <p>オンライン開催</p>&#13; ZoomのIDとパスワードは、メールにてご案内します</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 64px;">&#13; <th style="height: 64px;">対象(定員数)</th>&#13; <td style="height: 64px;">博士前期課程、学部4年の学生の方にご参加いただけます</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px;">参加費</th>&#13; <td style="height: 45px;">無料</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 144.933px;">&#13; <th style="height: 144.933px;">申込方法</th>&#13; <td style="height: 144.933px;">&#13; <p>参加を希望される方は大学院教務?国際担当からご連絡する<span>Zoom</span>の<span>ID</span>とパスワードで、ご参加下さい。</p>&#13; <p>ご不明な点は下記アドレスまでご連絡ください。</p>&#13; <p><span>szkn-kyomu @</span>※</p>&#13; (メール送信の際は、※をjimu.kumamoto-u.ac.jpに置き換えてください。)</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px;">主催</th>&#13; <td style="height: 45px;">熊本大学大学院自然科学教育部</td>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; &#13; <br/><br/><br/><address><strong style="background-color: #eeeeee;"> お問い合わせ </strong> <br/> 自然科学系事務課大学院教務?国際担当 <br/> E-mail:szkn-kyomu@※ <br/>(メール送信の際は、※をjimu.kumamoto-u.ac.jpに置き換えてください。)</address></div>&#13; <p/>]]> No publisher 在学生 イベント 令和3年度後学期(第4ターム)における大赢家比分即时比感染症の感染防止対策の強化について(2022.1.14)_大赢家比分即时比 /daigakuseikatsu/kyoumu/bhw7ag <![CDATA[<p>                     令和4年1月14日 </p>&#13; <p>学生の皆さんへ</p>&#13; <p>               副学長(教育?学生支援担当)<br/>                        宇佐川 毅</p>&#13; <p>  令和3年度後学期(第4 ターム)における大赢家比分即时比<br/>  感染症の感染防止対策の強化について(通知)</p>&#13; <p> 令和4年1月現在、大赢家比分即时比感染症の感染が急激に拡大し、<br/>今後、後学期(第4 ターム)の授業及び定期試験、並びに、修了?卒業<br/>面接(口頭試問)等の教育活動において、対面を中心として実施すること<br/>が困難な状況となってきました。<br/> ついては、以下のとおり大赢家比分即时比感染症の感染防止対策を<br/>強化することとします。具体的対応については、所属学部等及び授業担当<br/>教員の指示に従ってください。<br/> なお、皆さん一人ひとりが自分は無症候感染者であるかもしれないという<br/>意識を常に持ち、他の人に感染を拡げないためにどういう行動をとるべきか<br/>をよく考えてください。</p>&#13; <p><strong>1. 一般的留意事項</strong><br/>?●毎朝の検温、体調確認、マスク着用、手洗い等の感染対策の徹底を行うこと。<br/>?●発熱等の症状がある場合は、登校せず、医療機関等に相談し、検査が必要と<br/>? ?判断された場合、所属学部等の教務担当へ連絡すること。発症後少なくとも<br/><span>? ?</span>8 日、かつ、発熱等の症状が治まってから3 日経過するまで自宅待機すること。<br/><span>? ?</span>また、登校再開に際しては必ず電話(096-342-2164)又はメール<br/><span>??</span>(hoken@jimu.kumamoto-u.ac.jp)で保健センターの指示を仰ぐこと。</p>&#13; <p><strong>2. 授業</strong><br/> 授業及び定期試験は、原則として遠隔によるものとし、どうしても対面<br/> での実施が必要と各学部等及び授業担当教員が判断した科目については、<br/> 対面によることとする。</p>&#13; <p><strong>3. 就職活動等に伴う域外への移動</strong><br/> まん延防止等重点措置が適用されているなど感染拡大地域への移動は自粛。<br/> やむを得ずそのような地域へ移動した場合、帰着後2週間は対面による<br/> 授業等への出席は原則不可。</p>&#13; <p><strong>4. 課外活動</strong><br/> 全面禁止(オンラインでの活動は可。また、大学から許可を受けている<br/> ボランティア活動は除く。)</p>&#13; <p><strong>5. 海外渡航</strong><br/> 大学間交流協定及び部局間交流協定に基づく海外留学プログラムなど各学部等<br/> で渡航を認めている場合を除き、中止又は延期。特段の事情により、やむを得ず<br/> 渡航する場合は、事前に所属学部等の教務担当に相談すること。</p>&#13; <p>《問合せ先:学生の相談窓口》<br/> <a href="/daigakuseikatsu/kyoumu/desk" target="_blank" rel="noopener noreferrer">/daigakuseikatsu/kyoumu/desk</a></p>]]> No publisher 学生 その他 ページ 大赢家比分即时比感染者の発生について_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2021/20220113 <![CDATA[<p> 1月7日(金)から1月11日(火)のまでの間に、新たに本学の学生5名が大赢家比分即时比感染症に感染し、熊本市からクラスターと認定されました。地域の皆様、ご関係者の皆様にご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。</p>&#13; <p> クラスターの原因は、保健所の調査により、課外活動とされました。</p>&#13; <p> なお、関係団体を含め、本学では、1月7日(金)から全ての学生の課外活動を当面の間禁止とし、体育館等の課外活動施設を使用禁止としています。</p>&#13; <p> また、陽性者と接触した者を特定し、対象者全員にPCR検査を実施しました。</p>&#13; <p> 今後の動向について注意深く見守るとともに、感染を広げない対策を講じています。</p>&#13; <p> ご本人の早期の回復をお祈りするとともに、熊本市保健所等の関係機関と協力しながら感染拡大の防止に尽力いたします。<br/><br/> ※感染者やご家族の人権尊重?個人情報保護にご理解とご配慮をお願いいたします。<span/></p>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p>                                                 令和4<span/>年1<span>月13日</span><span/></p>]]> No publisher その他 ページ 定例学長記者懇談会を開催しました_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2021/20220113-1 <![CDATA[<p> 令和<span>4</span>年<span>1</span>月<span>12</span>日(水)、本部棟<span>1</span>階大会議室にて「定例学長記者懇談会」を開催しました。</p>&#13; <p> 今回は、平成<span>28</span>年熊本地震により被災した国指定重要文化財である五高記念館及び化学実験場の復旧工事が昨年末までに完了したことについて報告を行いました。</p>&#13; <p> はじめに、伊東龍一 五高記念館長から、熊本地震による建物の被災状況及び復旧工事の概要について説明がありました。次に、小畑弘己副学長から、令和4年度から始まる第4期中期目標?中期計画の一つとして掲げている「キャンパスミュージアム構想」について説明がありました。</p>&#13; <p> 質疑応答では、復旧工事に関する質問のほかに、入試に関する質問があり、市川聡夫副学長から本学における検討状況について説明がありました。</p>&#13; <p> その後、復旧後の五高記念館と化学実験場の内部を初めて報道機関に公開し、伊東館長による現地での説明が行われました。参加した報道機関は、既存の黒板を解体した際に新たに発見された、創建当初のものと思われる黒板などを興味深そうに撮影していました。今後、内部の展示物を搬入するなどの準備を進め、4月以降に一般公開することを予定しています。</p>&#13; <p/>&#13; <p><span>?</span></p>&#13; <p> 懇談会の資料は <a href="/daigakujouhou/kouhou/kisyakon_file/kisyakon220112.pdf">こちら</a> を参照してください。</p>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <div class="e-responsive-table">&#13; <table class=" noborder">&#13; <tbody>&#13; <tr>&#13; <td>&#13; <p><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2021/20220112-1.jpg/@@images/2b5bff4c-a024-4f19-9714-ad3a4f605c5d.jpeg" title="20220112-1.jpg" width="305" alt="20220112-1.jpg" height="200" class="image-inline"/></p>&#13; <p>五高記念館及び化学実験場の復旧工事の<br/>完了について報告する小川久雄学長</p>&#13; </td>&#13; <td>&#13; <p><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2021/20220112-2.jpg/@@images/8b341d14-00b7-4f11-828f-20119f336a2b.jpeg" title="20220112-2.jpg" width="304" alt="20220112-2.jpg" height="200" class="image-inline"/></p>&#13; <p>小畑弘己キャンパスミュージアム担当副学長</p>&#13; </td>&#13; </tr>&#13; <tr>&#13; <td>&#13; <p><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2021/20220112-3.jpg/@@images/6d7d0165-ffee-41f5-8de5-c59675abe409.jpeg" title="20220112-3.jpg" width="302" alt="20220112-3.jpg" height="199" class="image-inline"/></p>&#13; <p>五高記念館の内部を案内する伊東龍一館長</p>&#13; </td>&#13; <td>&#13; <p><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2021/20220112-4.jpg/@@images/e1af2b86-d8f1-42c0-97d1-bd0de4976c63.jpeg" title="20220112-4.jpg" width="304" alt="20220112-4.jpg" height="200" class="image-inline"/></p>&#13; <p>創建当初のものと思われる黒板</p>&#13; </td>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; </div>&#13; <p>&#13; &#13; </p>&#13; <div class="e-responsive-table"/>&#13; <p>&#13; &#13; </p>]]> No publisher その他 ページ 大赢家比分即时比感染者の発生について_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2021/20220112 <![CDATA[<p> 1月6日(木)から1月11日(火)の間に、新たに本学の学生7名、職員1名が大赢家比分即时比感染症に感染していることが確認されました。<br/><br/> ご本人の早期の回復をお祈りするとともに、熊本市保健所等の関係機関と協力しながら、地域社会及び大学において安心した日常を過ごせるよう、感染の拡大防止に取り組んでまいります。<br/><br/> ※感染者やご家族の人権尊重?個人情報保護にご理解とご配慮をお願いいたします。<span/></p>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p>                                                 令和4<span/>年1<span>月12日</span><span/></p>]]> No publisher その他 ページ 本学技術部職員が令和3年度医学教育等関係業務功労者表彰(文部科学大臣表彰)を受賞しました_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2021/20220111 <![CDATA[<div class="eventdata">&#13; <div class="eventimg"><a target="_blank" href="/event/sizen/sizen_file/udvww1" rel="noopener noreferrer" class="noicon"> </a>&#13; <p/>&#13; </div>&#13; <div class="e-responsive-table"/>&#13; <p> 熊本大学技術部生命科学系技術室長の中川雄伸技術専門員が、令和<span>3</span>年度医学教育等関係業務功労者表彰(文部科学大臣表彰)を受賞しました。</p>&#13; <p> この表彰は、大学における医学?歯学に関する教育研究または患者診療等に係る業務に関し、顕著な功績のあった方を文部科学大臣が表彰するものです。例年、文部科学省にて表彰式を行っていますが、今年度はコロナ禍ということもありオンラインで実施され、後日、本学での伝達式となりました。大谷順技術本部長(研究?グローバル戦略担当理事?副学長)から中川技術専門員に表彰状と記念品が授与され、今後のさらなる活躍を期待する旨の祝辞がありました。</p>&#13; <p> 中川技術専門員は、昭和<span>62</span>(<span>1987</span>)年から本学における病理解剖関連業務や医学研究?学生教育?病理検査に係る組織標本作製関連業務に精励するとともに、組織染色技術を活かした研究活動も精力的に行い、長きに亘って、医学分野の教育研究の発展に貢献したことが高く評価され、この度の受賞となりました。</p>&#13; <p> 中川技術専門員は、「これまでご指導いただいた諸先生方?諸先輩方、ご支援ご協力いただいた同僚の皆様?関係各所の皆様に心より感謝します。今後も熊本大学の発展のために業務に精励いたします。」と受賞の喜びを語りました。</p>&#13; <p>?</p>&#13; <p>※熊本大学技術部HP</p>&#13; <p><span><a href="https://www.tech.kumamoto-u.ac.jp/pdf/20220107.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">https://www.tech.kumamoto-u.ac.jp/pdf/20220107.pdf</a></span></p>&#13; <p><span> <br/></span></p>&#13; <div class="e-responsive-table">&#13; <table class=" noborder">&#13; <tbody>&#13; <tr>&#13; <td>&#13; <p><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2021/jusyou1.jpg/@@images/decc0715-b6c4-44f9-b4f5-a2bd17b0be7a.jpeg" title="jusyou1.jpg" height="270" width="366" alt="jusyou1.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p> 表彰状の授与</p>&#13; <p/>&#13; </td>&#13; <td>&#13; <p><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2021/jusyou2.jpg/@@images/df57c489-6bf6-443f-b925-abf83573c457.jpeg" title="jusyou2.jpg" height="270" width="366" alt="jusyou2.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p> 記念撮影<br/>(写真右:中川技術専門員、同左:大谷技術本部長)</p>&#13; </td>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; </div>&#13; &#13; <p/>&#13; <p/>&#13; </div>]]> No publisher 研究 その他 ページ