環境報告書

熊本大学環境報告書『えこあくと』

トップメッセージ


“エコ?キャンパスの実現に向けて将来を見据えた着実な歩みを”


近年、世界各地で大規模な地震や台風、集中豪雨、火山の噴火、山火事などによる深刻な被害が頻発しています。我が国、我が熊本も例外ではありません。エネルギー問題や水の確保、感染症等も今日、世界の大きな課題になっています。日本では、原子力発電所の再稼働を巡って、依然として様々な議論が展開されています。CO2の削減を伴ったエネルギーの確保は、気候変動という観点からも今日の世界的な課題でもあります。
また、水は生命(いのち)の根幹ですが、大きな災害をもたらす力も持っていることは、集中豪雨や台風、津波による被害で思い知ったところです。インフルエンザも毎年のように流行していますし、最近では大赢家比分即时比(COVID 19)の感染拡大が世界中で深刻な問題となっています。国際的な協力の下にこれらの感染症を制圧しなければならないのですが、これまでのところあまり上手くいかず、経済上の大きな打撃となっています。
香港の混乱、米中貿易問題、シリア難民問題など社会不安も増大しています。様々な要因が複雑に絡み合い、世界経済にも暗雲が立ち込めています。私たちは、直面しているこれらの課題を世界的な視野に立って解決していかなければなりません。
日本だけでなく世界も巻き込んで、ひとりひとりが自由な発想と創造、それを具現化する情熱を持ち様々な取組を行い、将来にわたって質の高い生活をもたらす新たな成長につながる革新的な発見や考え方(思想)の変革、つまりイノベーションを起こしてくことが求められています。

さて、本学における2019年度の環境配慮活動をまとめた熊本大学環境報告書「えこあくと2020」を公表いたします。施設?環境委員会、環境安全センター及び201811月に設置したキャンパス整備戦略室の連携による全学的な環境マネジメント活動を実施して参りました。
本報告書では、「さらに読みやすく、伝えやすく」を念頭に置き、本学の環境配慮活動を3つのスタイルに分類するとともに、視覚的にわかりやすいグラフ?写真を多く用いることで、エコ?キャンパスの実現に向けた様々な取組を体系的にご理解いただけるのではないかと思います。

熊本大学は、「創造する森 挑戦する炎」というスピリットを持って、地方の国立総合大学として地域と世界をつなぐ真のグローバル大学を目指しています。熊本大学から輩出される学生が、熊本大学の研究成果が、日本だけでなく国際社会からの期待に応えられるよう着実に取り組みを推進して参ります。今後ともご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


2020年9月
国立大学法人熊本大学
学長 原田信志


えこあくと2020

バックナンバー

お問い合わせ

施設部 施設企画課 環境?エネルギーマネジメント担当

096-342-3223 (内線3223)

sis-energy[AT]jimu.kumamoto-u.ac.jp ※ [AT] を @ に書き換えてご使用ください。